土佐ひかりCDM > 製品紹介

製品紹介

土佐ひかり くろしおくん(肥料)

高知県は太平洋に面しており、水産業が盛んです。この肥料は水産業の問題点、魚の未使用の部分を使用しています。魚粉のように乾燥させた粕ではなく、身や血や骨を菌と混ぜて、まるごと発酵させました。そのためアミノ酸やミネラルなどの3大要素(窒素、リン酸、カリ)以外の成分が豊富でバランス良く含まれています。

土佐ひかり くろしおくん

ニラ

ニラは暑さや寒さにも強くぐんぐん伸びるスタミナを持った野菜です。そんなニラを四万十町の土壌と四万十川流域の水と自社の魚肥料を使い育てました。露地栽培とハウス栽培を組合せ通年での生産を行っています。大阪出身のスタッフを中心に研修生も加え、県外の若者を四万十町の地域に絡める入口にもなっています。

ニラ

プレミアム 金のシャリ

今、人気の[にこまる]という品種を特殊な精米技術をつかい、更に美味しく、栄養価が高いお米に仕上げました。 通常の3倍の時間をかけてゆっくり、じっくりと精米し、胚芽を残すことで普通のお米よりも格段に高い栄養価を実現しました。また、胚芽を残すことで旨味も増し、甘くてモチモチして美味しいと大変ご好評頂いております。 毎日、食べるお米を栄養価が高く、美味しいものにしたい。そんな思いからできた究極のお米です。 ぜひ、当社の栄養価の高い[情熱のろべると]と組み合わて、美味しくて健康的な食事をお楽しみ下さい。

詳しいことは下からご覧ください。ご購入もコチラ

金のシャリ



情熱のろべると(卵)

周囲を山々に囲まれ、ストレスがほとんどかからない自由な環境で放し飼いされた鶏が産むたまごは生命力にあふれています。主要飼料は高知県産でこだわり遺伝子組み換え、化学系薬剤は一切使用していません。自社で栽培したニラも使用しており、栄養がたくさん入ったニラを食べた鶏は元気あふれています。環境と飼料をこだわり抜いて作るたまご、その弾力は指でつまんで持ち上げられるほど。黄身はトロトロでとても濃厚です。

四万十放し飼い卵「情熱のろべると」

放射能検査結果

奇跡の地たまご

安全の秘密

Q.安全と言い切れるのはなんで?

A.鶏が食べる飼料の原料が明確で安全である自信があるからです。そのために飼料の原料を自社で調達し自社で配合しています。当社の自家配合飼料は、非遺伝子組み換えの国産原材料のみを使用しています。


天然天日塩。何種類ものミネラルを補給できます。

魚粉
当社は、信用できる業者から魚粉を仕入れ、成分分析、セシウム検査、重金属検査で安全を確認して鶏に与えています。


 

お米
四万十川半径100㎞以内の農家さんと契約しています。

ニラ
四万十町で魚の肥料で栽培された新鮮なニラを真空乾燥させたもの。鶏に必要なビタミンの宝庫。

黄身の秘密

Q.たまごの黄身が黄色いのはなんで?

A.黄身が黄色いのはトウモロコシ、植物、海藻に含まれる カロチノイドに由来しています。鶏が選り好みして食べた結果によっては、“白い黄身”も生まれる場合があります。

情熱のろべると:卵の黄身

鶏の卵

Q.じゃあ、ろべるとは?

A.ろべるとは飼料の主要原料を高知県産にこだわっているため、遺伝子組み換えの輸入トウモロコシを使わず、他の野菜でカロチノイドを探して、餌として与えています。鶏さんも人間と一緒で、着色料だけ与えてもたまごを沢山産んでくれません。走り回るのでエネルギーも必要になります。だから、高知のお米とニラをたっぷり食べさせているのです。

情熱のろべるとオンラインショップ